読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思いやりと美容をテーマに夫婦円満を目指すブログ

思いやりと美容をテーマに夫婦円満を目指す日々を記録していきます。

やっぱり女性は何歳になってもムダ毛処理はするべき!

私の美容対策

f:id:chichinohi:20160723194800p:plain


無駄毛が気になった時、自分で剃ったり抜いたりする人が沢山います。


最近は自宅で使える脱毛器具もたくさんの種類が出ていますので、お金のかかるエステや脱毛クリニックにわざわざ行かなくてもと考える人が増えているようです。


しかし、自分で脱毛や除毛をすると仕上がりにはやはり満足のいかないことも多いでしょうし、家庭用脱毛器は出力が小さい分、脱毛する時間や回数が多くなり肌には負担がかかりますから、肌の状態をよく見ておかなくてはいけません。


ここ最近では、脱毛用のサロンは数多くありますが、その施術には違いが多く、ひどい痛みを伴う施術もあれば、まったく痛みのないサロンも存在します。


痛みへの耐性は様々なため、自分以外の人が痛がっていなくても、直接自分自身の体で施術を受けたら、痛い場合もあります。


長期の契約を結ぶ場合はそれ以前に、痛みがどれほどかを自分で体験してください。


無駄毛のない肌にしてもらうサロンの予約日には、無駄な毛のないつるつるの状態にしておかなければなりません。



電気カミソリで以って、肌にやさしく気軽に剃ることができるでしょう。


敏感肌の人には向かない脱毛剤では、炎症などのトラブルを起こすリスクがあります。


そうしたら、脱毛専門店の施術を受けられなくて、キャンセルするハメになります。




脚のムダ毛を脱毛専門のサロンではなく、自分で剃り忘れなく処理するのは難しいものです。


脚はいたることろが曲線ですし、難しいところもあったりするので、自分でやる処理だけでムダな毛が少しもないキレイな肌に仕上げるのは手間と時間がかかるでしょう。


その点、脱毛サロンを訪問すれば、剃り残した無駄毛がまばらに残ったままなんてことにもならないでしょうし、肌に負担がかかることも少ないはずです。



毛抜きを使用して脱毛をするということは、ムダ毛を自分で処理する方法の中でも、実は、あまりよくない方法です。


毛抜きだけ用意すればいいですが、時間がかかるうえに、埋没毛になってしまうかもしれません。


そのため、毛抜きで脱毛処理するのはやめてください。



きれいでツルツルなお肌を目指すのなら、お肌にかかる負担を考えてムダ毛処理の方法を選んだほうがよいです。


カミソリで剃る脱毛は取りやすい方法ですが、傷めた肌にしてしまわないように慎重さが不可欠です。


鋭利なカミソリを使用し、シェービングフォーム、ジェルなどを使って摩擦を少なくします。



ムダ毛の方向に沿って剃るのも大事です。

それから、脱毛した後にはアフターケアを忘れるような事があってはなりません。

ムダ毛を脱毛するときにお家用の脱毛器を購入する人が増えています。


エステと見違えるようなすごい商品が出ているため、光脱毛できるものもあります。

とはいえ、ユーザーのニーズに応えるほどいい脱毛器は値段が高く痛くて使えなかったり続かず、やめてしまった人も少ないとはいえません。

ムダ毛を無くす為にはと考えて脱毛サロンに通うならば施術後には一定間隔を空けましょう。


施術のタイミングはムダ毛の発毛サイクルとリンクさせて行わなければ効果を発揮することができないので2ヶ月程度の期間をあけます。

ムダ毛の脱毛開始から完了までには1年ないし2年程度必要ですから、脱毛サロンでも通いやすさは違いますので、よく比較して選んでみてください。

サロンで脱毛施術が無事終わった直後は肌を刺激から避けるように気を使ってください。


脱毛後は、施術の値段、やり方などにかかわらず肌はちょっとの刺激にもびっくりしてしまう状態です。

太陽の光にさらされたり、お風呂場のお湯にさらされたり誰かにマッサージをしてもらったりすると、思わぬトラブルが肌に出てきてしまい、驚くことが多いです。

脱毛サロンで受ける注意事項に、従うことが大切です。